私たちは皆様の人権を尊重し、質の高い医療を提供します。

ホーム > 患者さんへ > 診療科情報 > 耳鼻咽喉科

耳鼻いんこう科

1.当科の特色

当科では常勤医1名、非常勤医2名で耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域に対して幅広い診療を行っております。外来での投薬治療や局所処置のほかに、入院の上で、耳・鼻・咽頭・喉頭・頭頸部腫瘍(良/悪性)の手術や、悪性腫瘍に対する放射線治療や化学療法を行っています。

2.スタッフ

所属医師 専門医など
呉本 年弘(医長) 日本耳鼻咽喉科学会 専門医、緩和ケア研修修了、 専門領域(鼻副鼻腔疾患、頭頸部癌治療、頭頸部外科手術)、医学博士(京都府立医科大学大学院)
石坂 成康(非常勤)  日本耳鼻咽喉科学会 専門医
布施 慎也(非常勤)  日本耳鼻咽喉科学会 専門医

3.現在の詳細欄

1.外来で対応できない疾患・病変は入院頂いた上で加療しています。

手術
・耳

滲出性中耳炎などに対する鼓膜チューブ留置術、慢性中耳炎・真珠腫、耳硬化症などに対する鼓室形成術、検査施行後に予後不良群と判断される顔面神経麻痺に対する顔面神経減荷術など

・鼻 

慢性副鼻腔炎、鼻中隔彎曲症、鼻・副鼻腔腫瘍、アレルギー性鼻炎に対する内視鏡下手術など

・口腔・咽頭

扁桃切除/摘出術、腫瘍摘出術など

・喉頭

声帯ポリープ切除術、腫瘍摘出術など

・頸部

気管切開術、耳下腺・顎下腺・甲状腺腫瘍の手術、悪性腫瘍の頸部リンパ節転移に対する頸部郭清術など

急性期病変

窒息を起こしうる喉頭病変、経口摂取不良を伴う炎症所見が強い扁桃炎、自覚症状の強いめまいなど

悪性腫瘍

放射線治療や化学療法での副作用が強く、外来では対応できない場合(疼痛や嘔気、経口摂取不良症状など)

4.診療対象となる主な症状

  • 難聴、耳鳴、耳閉塞感、耳痛、耳だれ、耳内異物、顔面麻痺、めまい
  • くしゃみ、鼻汁、鼻閉、鼻内異臭、後鼻漏感、嗅覚障害、鼻出血、鼻内異物
  • 味覚障害、口腔、舌やのどの違和感・痛み・腫れ、のどの異物、声のかすれ
  • 頸部の痛み・腫れ

5.手術件数

2019年 手術件数
  • 口蓋扁桃摘出術      24件
  • アデノイド切除術      3件
  • 鼓膜チューブ挿入術     4件
  • 気管切開術        15件
  • 内視鏡下鼻副鼻腔手術   41件
  • 鼻中隔矯正術       15件
  • 翼突管神経切断術     10件
  • 甲状腺腫瘍手術(がん含む) 8件
  • 耳下腫瘍手術(がん含む)  7件
  • 頸部郭清術         5件
  • 喉頭微細術         3件
  • 喉頭形成術         1件
  • 鼓室形成術         8件
  • 先天性耳瘻管摘出術     2件
  • 口腔・咽頭腫瘍手術     7件

      合計      153件