私たちは皆様の人権を尊重し、質の高い医療を提供します。

ホーム > 患者さんへ > 診療科情報 > 消化器内科

消化器内科

(紹介外来制:初診の場合は「かかりつけ医」の紹介状が必要となります)

1.当科の特色

消化器内科は、食堂から直腸までの消化管、胆道(胆のう及び胆管)、膵臓、肝臓における各種疾患の診断と専門的な治療を担当しています。
消化管領域では、拡大内視鏡などによる精密な内視鏡診断を行い、食道・胃・大腸の早期がんに対して、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。
胆膵領域では、胆道がんや膵がん、胆道結石に対して、超音波内視鏡(EUS)や内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)を施工し、超音波内視鏡ガイド下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)
内視鏡的胆道ドレナージ、内視鏡的採石術などを行っています。
また、炎症性腸疾患に対する専門的治療や、消化器系悪性腫瘍に対する全身化学療法を積極的に行っています。

2.スタッフ紹介

所属医師 専門医など
安田 律

医学博士
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定内科医

榊田 智喜

医学博士
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本内科学会認定内科医
日本胆道学会
日本膵臓学会
日本癌治療学会
日本癌学会

森口 理久(非常勤)  
土肥 統(非常勤)  

3.診療対象となる主な症状

  • 検診にて異常を指摘された消化器疾患全般
  • 食道・胃・大腸の早期悪性腫瘍(前癌状態も含む)に対する内視鏡的治療
  • 切除不能進行・再発癌に対する全身化学療法
  • 食道癌に対する放射線化学療法
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)に対する治療
  • 胆膵内視鏡を用いた診断・治療(膵癌・総胆管結石・胆道悪性腫瘍など)
  • 消化管進行癌による狭窄症状に対する消化管(金属製)ステント留置術