ワークライフバランス

私たちは皆様の人権を尊重し、質の高い医療を提供します。

精神科

1.当科の特色

統合失調症や気分障害、神経症性障害、アルコール・薬物依存症、摂食障害、認知症など若年者から高齢者まで様々な疾患の診療にあたっています。

精神科デイケア(DC)や精神科作業療法(OT)、入院生活技能訓練(SST)、統合失調症に対する心理教育プログラムも行っています。

京都府北部精神科救急の基幹病院になっており、入院治療も行っています。

有床の総合病院であるため、各種身体的な検査や身体合併症のある患者様にも対応することが可能です。

緩和ケアチームに参加しています。

クロザピンの使用や電気けいれん療法による難治性精神障害の治療にも取り組んでいます。

認知症疾患医療センターの業務は精神科スタッフが主に関わっています。

2.スタッフ紹介

所属医師 専門医など
福居 顯二(特別顧問) 精神保健指定医、日本精神神経学会・日本総合病院精神医学会 専門医・指導医
山野 純弘(部長) 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医・指導医
谷 順子 (医長) 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医・指導医、産業医
篠原 隆一(医長) 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医・指導医、産業医、診療情報管理士
西田 誠司 精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医
神﨑 敦博  
小林 広幸  
吉丸 和宏  
石川 雅裕(非常勤) 日本精神神経学会 専門医・指導医、日本認知症学会 専門医・指導医
國澤 正寛(非常勤) 日本総合病院精神医学会一般病棟連携精神医学 専門医
柴田 敬祐(非常勤) 日本緒神神経学会 専門医・指導医、日本老年精神医学会 専門医・指導医

3.現在の詳細欄

外来

一般外来のほか、もの忘れ外来や思春期外来といった専門外来も行っています。
必要に応じて、心理士による心理検査や心理相談を受けることができます。
通院患者様は、主治医の指示により精神科デイケア(DC)を利用することができます。

入院

計120床の精神科病棟があり、精神科救急入院病床、認知症病床、ストレスケア病床などいくつかのエリアに分かれて治療を行っており、様々な疾患の入院治療に対応しています。

精神科作業療法(OT)、入院生活技能訓練(SST)、統合失調症に対する心理教育プログラムなど、緩和ケアチーム精神科医3名、心理士1名が参加して、がん患者さんの身体的苦痛・心理的痛み他に対応しています。

認知症疾患医療センター:鑑別診断だけでなく、精神科のスタッフが主に相談等の業務を行っています。

施設

日本精神神経学会専門医制度研修施設、京都府北部の精神科救急システムの基幹病院、精神保健指定病院、医療観察法の指定通院医療機関、日本認知症学会教育施設

4.診療対象となる症状

  • 眠れない。日中に眠気が強い。
  • 気分が沈む。何もやる気がしない。
  • 気分が高揚する(テンションが異常に高い)。高価なものを買う。
  • 発作的に動悸やめまいがする。
  • 不安が強い。イライラする。
  • 手を何度も洗ったり、何度も確認する
  • 誰もいないのに声や音が聞こえる。現実的でないことを言う。人から見張られている気がする。
  • もの忘れが多い。
  • アルコールや薬物が止められない。
  • 痩せているのに食べられない。食べ過ぎてしまう。

精神科作業療法について

こちらのページをご覧下さい。

精神科デイケアについて

こちらのページをご覧下さい。