私たちは皆様の人権を尊重し、質の高い医療を提供します。

ホーム > 患者さんへ > 診療科情報 > 循環器内科

循環器内科

(紹介外来制:初診の場合は「かかりつけ医」の紹介状が必要となります)

1.当科の特色

狭心症・心筋梗塞・下肢閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化疾患、不整脈、心不全などを担当しています。

2.スタッフ紹介

所属医師 専門医など
原田 佳明(部長) 日本内科学会 認定内科医、日本循環器学会 循環器専門医
吉川 修 日本内科学会 総合内科専門医

3.現在の詳細欄

循環器科医師欠員のため、皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが当院は現在心臓カテーテルやペースメーカー植え込み術を休止しております。

4.診療対象となる主な症状

労作時の息切れや足のむくみは心不全を疑う症状です。近年心不全の患者数は増加の一途をたどっています。その背景には肥満、高血圧、糖尿病などが潜んでいますので、当科では血圧のコントロールや減塩を含む栄養指導などによる介入を積極的に行い、心不全を治療してゆきます。

労作時に胸痛や胸部圧迫感が出現する場合には狭心症が疑われます。心エコー、負荷心筋シンチ検査、心臓冠動脈CT検査などにより精査を行います。

脈の不整を自覚したり、自己検脈で不規則な脈を認めたりする場合には不整脈の可能性があります。心臓超音波や24時間ホルター心電図などによる検査を行い、診断と治療を行います。