ワークライフバランス

私たちは皆様の人権を尊重し、質の高い医療を提供します。

ホーム > 患者さんへ > 診療科情報 > 循環器内科

循環器内科

(紹介外来制:初診の場合は「かかりつけ医」の紹介状が必要となります)

1.当科の特色

狭心症や心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などといった全身血管の動脈硬化疾患を中心に、心房細動などの不整脈、心筋疾患に付随する心不全など、心臓・血管病を担当しています。

2.スタッフ紹介

所属医師 専門医など
原田 佳明(部長) 日本内科学会 認定内科医、日本循環器学会 循環器専門医
吉川 修 日本内科学会 総合内科専門医

3.現在の詳細欄

心臓の血管病と全身血管とは深いつながりがあります。心臓の動脈硬化が進んでいると頭や首の血管も同様に動脈硬化が潜んでいる場合があり、それぞれに治療が必要となります。

当院には脳血管センターがあり脳神経内科、脳神経外科とも密な連携をとりあいながら治療にあたっています。

4.診療対象となる主な症状

胸痛、胸部圧迫感、胸部不快感、動悸といった胸部症状のほか、労作時の喉の詰まった感じや左肩の肩こりは狭心症などの虚血性心疾患が疑われます。また、夜間に息苦しくなり、目が覚めて体を起こす場合(起座呼吸)、心不全症状の可能性があります。原因により治療はさまざまですが、心エコーや心筋シンチ検査、心臓冠動脈CT検査などの通院で出来る検査から、心臓カテーテル検査を含めて精査を行い、治療に努めています。

歩行時の下肢痛、特にふくらはぎの痛みは、下肢血管の動脈硬化(下肢閉塞性動脈硬化症)が強くうたがわれる症状です。両手足の血圧測定のみで結果がわかる血圧脈波検査(ABI)やMRI検査、血管造影検査などで診断できます。当院では風船やステントなどを用いた下肢インターベンション治療に取り組んでいます。

動悸のほか、ふらつき、意識が遠のくといった症状は不整脈、特に徐脈が原因のことがあります。当院では高度徐脈に対するペースメーカー治療もおこなっています。