ワークライフバランス

皮膚科

1.当科の特色

皮膚科での代表的な皮膚のアレルギー疾患であるアトピー性皮膚炎から皮膚悪性腫瘍に対する外科的治療法(手術)まで幅広く扱っています。

2.スタッフ紹介

所属医師 専門医など
近森 亜紀子(医長) 日本皮膚学会 専門医
益田 浩司 (非常勤)  

3.現在の詳細欄

近年増加傾向である尋常性乾癬に対しては外用療法や内服療法(シクロスポリン、エトレチナート)を行っております。紫外線療法や生物学的製剤が必要な場合は他院と連携をとり対応させて頂きます。

重度のアトピー性皮膚炎に対しては入院治療も行っております。

パッチテスト、プリックテストなどの皮膚を用いたアレルギー検査も随時行っております。(アレルギーの原因物質によっては施行できない事もございます。)

皮膚腫瘍(悪性腫瘍、良性腫瘍)に対しては局所麻酔下で切除可能であれば当科にて対応させて頂きます。

悪性黒色腫や全身麻酔下での手術が必要な皮膚悪性腫瘍は京都府立医科大学附属病院に紹介させて頂きます。

 

4.診療対象となる症状

  • 肌がかゆい、ただれている → 湿疹、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎
  • 肌が赤く多量の粉が吹いている → 尋常性乾癬
  • 肌が赤くて腫れている、とても痛い → 蜂窩織炎、丹毒、粉瘤
  • 水ぶくれが沢山できた →帯状疱疹、単純ヘルペス、類天疱瘡、天疱瘡
  • できものができた → 皮膚腫瘍
  • ほくろが気になる、急に大きくなった → 母斑細胞母斑、悪性黒色腫
  • やけどをした → 熱傷、化学熱傷
  • 毛が抜けてきた → 円形脱毛症、抜毛症