皮膚科

1.当科の特色

皮膚と皮膚付属器(毛・爪・汗腺など)に関する症状のある方の診察を行っています。

2.スタッフ紹介

所属医師 専門医など
近森 亜紀子(医長) 日本皮膚学会 専門医
益田 浩司 (非常勤)  

3.現在の詳細欄

  • アレルギーが疑われる方については問診で確認の上パッチテストやプリックテストなどのアレルギー検査を行います。
  • アトピー性皮膚炎:外用療法を中心に行っています。重症の患者様に対しては内服療法(シクロスポリン、オルミエント®)、生物学的製剤(デュピクセント® )による治療を行っています。
  • 乾癬:外用療法、紫外線療法(ナローバンドUVB)を中心に行っています。重症の患者様に対しては内服療法(エトレチナート、シクロスポリン、オテズラ®)や生物学的製剤を使用した治療を行っています。
  • 皮膚腫瘍(できもの)に対しては局所麻酔を使用した手術切除を行います。
  • 円形脱毛症:進行期には重症度に応じてステロイドの外用、局所注射、内服、パルス療法を行っています。症状固定期にはDPCPによる局所免疫療法を行っています。
  • 陥入爪:テーピングやガター法などの保存的治療を行います。保存的治療で改善しない場合はフェノール法などの外科的治療を行います。
  • 自費診療として、巻き爪に対するマチワイヤや3TO治療、シミのレーザー治療、多汗症の塩化アルミニウム液外用療法などを行っています。

 

4.診療対象となる症状

皮膚炎(かぶれ、アトピー性皮膚炎、虫刺されなど)、角化症(乾癬など)、薬疹、皮膚感染症(蜂窩織炎、帯状疱疹、水虫、イボ、疥癬など)、皮膚潰瘍(褥瘡、虚血肢潰瘍、熱傷など)、水疱症(天疱瘡、類天疱瘡など)、皮膚腫瘍(できもの)、円形脱毛症、陥入爪、多汗症など。