ワークライフバランス

私たちは皆様の人権を尊重し、質の高い医療を提供します。

外科

1.当科の特色

外科では肛門疾患、ヘルニア(脱腸)、虫垂炎、腹膜炎、胆石症等の良性疾患から、食道、胃、大腸、肝臓、膵臓、胆管等の悪性疾患(がん)まで広範囲の病気を扱い、手術を中心とした治療を行なっています。最新の手術機械を完備しており、腹腔鏡手術(カメラを用いて小さな傷で行なう手術)から大きな手術まで可能です。十分な説明をさせていただいた上で最善の治療を提供できるように努力しております。

2.スタッフ紹介

所属医師 専門医など
山下 哲郎(部長) 日本外科学会 専門医、日本消化器外科学会 専門医・認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、 消化器がん外科治療認定医、臨床研修指導医、緩和ケア研修修了 、京都府立医科大学臨床教授、医学博士
木ノ下 修(医長) 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、消化器がん外科治療認定医、日本大腸肛門病学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器学会胃腸科専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本プライマリケア連合学会認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、修了した研修(内痔核治療法研究会四段階注射法講習、日本静脈経腸栄養学会TNT研修、緩和ケア研修など)、医学博士(京都府立医科大学大学院)
近藤 裕 日本外科学会専門医、検診マンモグラフィー読影認定医、緩和ケア研修修了、医学博士

3.現在の詳細欄

  1. 当外科は「日本外科学会外科専門医制度関連施設」、「日本消化器外科学会専門医制度関連施設」、「日本がん治療認定医機構認定研修施設」、「日本大腸肛門病学会関連施設」に指定されています。
  2. 消化器がんの外科治療を中心に、手術経験の豊富な学会専門医が主治医となり高度で安全な外科手術を行なっています。
  3. 腹腔鏡手術のような身体への負担が少ない手術から、高度進行がんに対しては必要に応じて拡大手術を行ない、全国的な治療指針に従って抗がん剤や放射線を併用した集学的治療を行なっています。
  4. 当院は「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けており消化器内科医、放射線治療医、化学療法チーム、緩和ケアチーム、病理医との緊密な連携体制を整備しています。

4.診療対象となる主な症状

  • 水分や食事を飲み込んだ時に引っ掛かる感じがする。
  • 腹部が痛む。腹部が張った感じがする。よく嘔吐する。
  • 便が細くなった。便に血が混じる。
  • 肛門に痛みや出血がある。肛門の周囲から膿が出る。
  • 股の内側のつけねの部分が膨らむ。
    (開業医の先生やかかりつけの先生からの紹介状があれば診療がよりスムースに進みます。)