ワークライフバランス

医療関係の方へ

看護部

看護部の理念

私たちは当院の理念を基に、変革していく医療に対応できる看護を目指します。

私たちは命の尊厳と患者の人権を守り、患者のQOLを高め、患者中心の看護を実践します。

看護部長あいさつ

看護部長の新井文子です 看護部の理念「私たちは当院の理念を基に、変革していく医療に対応できる看護を目指します。命の尊厳と患者の人権を守り、患者のQOL(生活の質)を高め、患者中心の看護を実践します。」を基に、地域の方々のニーズに応えられるような看護をめざしています。

  看護職は、変革していく医療への対応が求められますが、理念にある「命の尊厳」と「患者の人権」を守ることは、人に向き合う時に忘れてはならない基本的姿勢であり、看護の原点です。今後も、さらに高齢者が増え続け、一人一人の人権を大切にした丁寧な看護が必要となります。当院では、高齢者の入院が主となる包括ケア病棟、がん終末期の方を受け入れている緩和ケア病棟、精神の障害をもつ方への医療、小児を対象とした周産期医療、脳血管に障害がある方の医療など行い、様々な特徴がある方を受け入れています。それぞれの方に向き合う中で、この方にとっての尊厳や人権を考え、意識し、看護を実践していきたいと考えます。

  この理念の実現に向けて、看護部では、特に人材育成を大切にしています。人を育てることは、質の高い看護の提供につながります。社会から預かった大切な人材を「組織の人財」として、丁寧に育てます。特に、看護師が自ら行動を起こし、体験した看護場面の振り返り(リフレクション)を重視し、看護師の成長を支援しています。

 看護を通して、共に成長していきましょう。

新人の皆さんへメッセージ

 どんな仕事も厳しいですが、看護という仕事は命をあずかる現場だから、さらに厳しい。国家試験に合格された皆さんには、いつもプロとしての責任と自覚が問われます。でも、大丈夫です。人は様々な体験から学び、成長し続けます。

 皆さんには、まだ使ったことのないエネルギーや活かしたことのない力があります。たとえ失敗しても一つ一つの体験から学べばいい。

患者さんからいっぱい教えてもらいながら、積極的に体験を積み重ね、自分の知識と技にして行きましょう。

看護部長 新井 文子

看護部の方針 スローガン「元気・やる気・活気」

  1. 根拠に基づく看護を実践します
  2. 医療安全に関する取組みを強化します
  3. 倫理に基づいた行動を実践します
  4. 健全な病院経営に参画します
  5. 患者・家族の意思決定支援に努めます

令和元年度 看護部目標

1.患者・家族の安心と信頼に応える看護の提供

  1. 知識に裏付けられた正確で安全な技術の提供
  2. 認定看護師・研修受講後の看護師による最新の看護の伝授
  3. 医療安全防止対策の周知と定着
  4. 看護ケアに対する患者・家族の満足度の向上 酬増収への取り組み

2.病院経営への積極的な参画

  1. 患者数の確保
    ①効率的な病床運営  
    ②地域のニーズに合わせた看護サービスの提供、情報発信
  2. チーム医療の推進
    ①他部門との連携・協働による業務の効率化  
    ②早期からの入退院支援と在宅復帰
  3. 施設基準の維持と診療報酬増収
    ①重症度、医療・看護必要度の適切な評価と記録  
    ②看護師介入による診療報酬増収への取り組み

3.心豊かな職業人の育成

  1. 質の高い看護実践ができるジェネラリストの育成
  2. 効果的なOJTによる看護実践力の効果
  3. さわやかな笑顔と良好なコミュニケーション

看護体制

看護単位:一般 6看護単位 7:1   地域包括ケア 1看護単位 13:1
     精神 2看護単位(A-1病棟、A-2病棟) 15:1 手術室 外来 計11単位

勤務体制:二交替 8:30~20:30 19:00~09:15(12.5時間夜勤)
     三交替  8:30~17:00 16:30~1:15 00:30~9:15  (精神科のみ)

看護方式:固定チームナーシング

看護部教育計画

看護部教育計画表は下記よりダウンロードすることが出来ます。

看護部教育計画表(PDFファイル)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社の Adobe Readerが必要になります。 最新の Adobe Readerは Adobe社のホームページより無料でダウンロード可能です。

わたしたちは、いつも笑顔でやさしく患者様に寄り添い、人の心の痛みがわかる看護の提供を目指しています。

看護部部署紹介

医療安全管理係長から

医療安全管理係長 医療安全管理係長です。

就職して不安なことに「医療事故」があるのではない でしょうか? 皆さんの看護を看護師長全員がリスクマネージャーとして支えます。そして、医療事故により患者さんは元より、皆さんにも深い傷が残らない様、教育看護師長、看護師長と連携して知識、技術向上に努めています。誰でも「ミス」を起こします。でも、その「ミス」を一緒に考え、学びに提供出来るよう、共に頑張りませんか?

事故防止の取り組み 看護部部署紹介メニューへ
教育担当看護師長から

教育担当看護師長教育担当師長です。

看護実践者 としての個々の人間 性を育成する目的で ACT y Ver.2 に応じた研修を行っています。また、悩みや相談にも個別的に対応し支援しています。

新採用者はプリセプターをはじめ、スタッフ全員で支援しています。
『一緒に勉強していきましょう。』

看護部部署紹介メニューへ
認定看護師の紹介
認定看護師の紹介
感染管理認定看護師 井上 かおり

患者さん、ご家族さんを含むすべての病院を訪れる方々や病院で働くすべての職員の方々にとって安全で安心できる病院を目指して、感染「しない」「させない」「拡げない」をモットーに感染予防対策に努めています。

感染管理認定看護師 尾辻 明日香

患者さんが清潔な環境で療養できるよう、様々な場所で清掃状況や手洗いの状況などを見回りさせて頂いています

がん性疼痛看護認定看護師 小谷 由美

がん患者さん、ご家族の身体と心の痛みを理解するように努め、和らいでいただけるように対応しています。『患者さんと共に』という言葉を大切に、毎日活動しています。

緩和ケア認看護師 大西 理恵

患者さんやご家族さんに寄り添って思いの傾聴から患者さん・ご家族さんの自己決定を尊重した看護実践を通して、療養の場に応じた生活の充実を図れるように支援しています。(また、看護実践を通して役割モデルを示し、看護職者の指導や、時には一緒に検討するなど皆さんの相談にも対応していくことで緩和ケアの充実を図っています)

がん化学療法看護認定看護師 中野 薫

抗がん剤の点滴治療を担当し、“副作用は少なく、治療効果は高く”を目指しています

手術看護認定看護師 山添 美紀

患者さんに安心して安全に手術や麻酔を受けていただけるような環境づくりのための活動をしています

新生児集中ケア認定看護師 濱中 温子

生まれてすぐのお子さんの成長発達を促し、治療や看護を行います。またご家族と生まれて来られたお子さんが健やかに生活できる支援も行っています。

看護部部署紹介メニューへ
A-1病棟:精神科・スーパー救急病棟
精神科・スーパー救急病棟

精神科の急性期病棟であるA-1病棟は、3か月以内の自宅退院を目指しています。私たちは、患者さんの抱える悩みや辛さをよく聞き、寄り添った看護の実践を行っています。また、心のケアだけではなく、身体のケアを行いながら退院までに必要な能力を生活技能訓練、疾患教育、レクリエーションを通して養って頂きます。

さらに退院後も訪問看護を行う等、患者さんを入院後から退院後までスタッフ一丸となり支援しています。

看護部部署紹介メニューへ
A-2病棟:精神科
精神科

精神症状により生活のしづらさを長期に抱えた患者様が多く、生活全般に渡り支援を行っています。社会復帰に向けては精神科認定看護師や精神保健福祉士を中心に、社会資源の活用や退院前訪問も行い、個別にあった支援を行って、退院支援を実施しています。

長期の治療において、既存の薬物療法で改善が困難な場合、治療抵抗性統合失調症の治療薬を用いたり、電気痙攣療法が行われています。

看護部部署紹介メニューへ
B-3病棟:小児科・産婦人科・泌尿器科・内科混合病棟
小児科・産婦人科・泌尿器科・内科混合病棟

産婦人科・小児科は京都府北部地域の砦として2名の産婦人科医師・7名の小児科医師と看護スタッフが一致団結して、いつでも患者さんを受け入れる体制を整えています。他の医療機関とも連携をとり、NICU医師と看護師が産前訪問を実施し、入院中は外来や地域とも連携を行い安心な分娩環境と、退院後の生活を考えた支援を行っています。

退院後も医療を必要とする児が増える現在、在宅生活をより安心して過ごして頂けるように、市の保健師や訪問看護ステーションなど関係機関とも頻回にカンファレンスを持ちサポート体制を整えています。

また、白血病等の高度治療を受ける小児の看護、急性期・慢性期疾患患者の看護、周手術期の看護を実践しています。主にクリニカルパスで治療を展開する泌尿器科患者さんへの急性期から回復期までの看護も行い、幅広く安全で安心な「一級品の看護」の提供に努力しています。

看護部部署紹介メニューへ
HCU/NICU:小児科 3床
小児科 ドクターカー

政策医療における京都府地域周産期医療サブセンターに指定されています。母体搬送やドクターカーでの新生児搬送は、舞鶴市内外や近郊市町村からの受け入れも可能で、近隣病院と連携を図り、医師と看護師による産前訪問も行っています。親子の絆を重視した早期のカンガルーケアや母乳育児支援を通して愛着形成にも努めています。

また退院後も医療的ケアを必要とする児への在宅に向けての支援を、保健センターや療育センターとの連携を行い、児の発達支援や育児を行う両親のサポート体制を整えています。

看護部部署紹介メニューへ
B-4病棟:脳神経外科・脳神経内科
脳神経外科・脳神経内科

重症筋無力症、ALSなどの筋・神経難病や脳卒中の急性期から回復期の患者さんに対して、病態に応じた看護を提供すると共に、残された機能を生かした日常生活への援助や再発予防のための生活指導を行っています。患者さんの生活の質に関連する事も多いため、精神的支援や社会的支援も重要です。

退院後の目標に向けて、患者さんやご家族・医師・地域医療連携室・リハビリなど他職種と連携し退院支援に取り組んでいます。

看護部部署紹介メニューへ
SCU病棟
SCU病棟

脳神経外科と脳神経内科が協働し、脳卒中の超急性期の治療(T-PA静注血栓溶解療法や外科的脳血管治療等)を行っています。少しの病状変化も見落とすことのない観察力や判断力を身に付け日々、専門性を高めながら急性期看護を展開しています。

また、突然の発症に戸惑う患者さんやご家族の不安な気持ちに配慮しつつ、精神的サポートにも努め、個別性のある看護提供を実践しています。

看護部部署紹介メニューへ
B-5病棟:外科・内科・耳鼻咽喉科・皮膚科
外科・内科・耳鼻咽喉科・皮膚科

外科、内科を中心とした病棟で、手術や化学療法、内科的治療を行う患者さんを受け入れています。毎月100人前後の患者さんを受入れていますが、洗髪や足浴など清潔ケアや食事介助など丁寧に援助を目標にしています。医師や理学療法士、薬剤師などみんなで話し合い、看護を考えています。新人も笑顔で仕事しています。

看護部部署紹介メニューへ
B-6病棟:緩和ケア科病棟
緩和ケア科病棟

京都府北部地域の中で唯一の緩和ケア病棟を有しており、緩和ケアチームと共に、患者さんが、生活の質(QOL)を維持し、安心して生活して頂けるよう支援をさせて頂いています。

当病棟では、消化器系診療科や耳鼻科、泌尿器科、脳神経外科系診療科などの癌をもつ患者さんに対して、身体的、精神的な苦痛が緩和できるよう「患者様とご家族が海と山に囲まれた京都北部で、その人らしく、穏やかな時間を共に過ごせる」ことを目指し頑張っています。

看護部部署紹介メニューへ
B-7病棟:地域包括ケア病棟
地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟は、退院までのリハビリを目的とした患者さんや、高齢者の骨折後の患者さんが多く入院されています。通院治療中の方で一時的に在宅療養が困難な方へレスパイト入院も受け入れています。患者さんとご家族が、安心して地域で暮らし続けられる生活環境を提供するために、リハビリテーションの一環として毎日ラジオ体操を行う等、患者さんの自立に向けた援助を行っています。患者さんが入院生活を少しでも楽しく過ごせるように、高齢者レクリエーションも積極的に行っています。

「目指せ!日本一高齢者に優しい看護を!!」

をスローガンに掲げ毎日頑張っています。

看護部部署紹介メニューへ
手術室
手術室

手術室は、外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、耳鼻科、皮膚科、産婦人科、小児外科、精神科の9つの診療科で年間合計約1000件の手術を行っています。 患者さんに安心して手術を受けて頂けるように、手術前に患者さんのお話を伺い、 不安や心配事が少しでも軽くなるように努めています。

そして、患者さんの状態や気になることを手術室看護師、主治医、麻酔科医師と 共有して、安全で安心な手術実施に向けてカンファレンスをしています。

「手術を受けることで患者さんが元気になられて、笑顔で毎日を過ごせるように」

を目標にスタッフ一丸となって取り組んでいます。

看護部部署紹介メニューへ
外来診療棟
外来診療棟

京都府中北部における救急を24時間体制で受け入れ、救急診療・看護に力を 入れ、地域医療に対してもかかりつけ医や地域の病院・施設と連携を図り、継続 できる診療・看護を目指し取り組んでいます。 さらに、専門的治療も担い、がん化学療法認定看護師が外来化学療法に携わり、 また、治験担当看護師が治験へのサポート体制も整えています。各外来診療科に おいては、笑顔での対応をモットーにし、皆さんが、健やかな日々を過ごして、 頂けるよう治療や病気による不安が和らぐ看護を目指した援助を心がけています。

看護部部署紹介メニューへ
入退院センター
入退院センター 患者さんやご家族へ入院に向け、支援を行っています。

患者さんやご家族へ入院に向け、支援を行っています。不安の無い入院生活を 送って頂くために入院前に説明させて頂いている部署です。

日頃から、各科外来と連携を持ち、患者さんに必要な情報提供や患者さんの状況を入院する病棟へ申し送り、安心して治療が受けられるよう、また入院生活する上で、不自由なく送れるように薬剤部や栄養科などの関連部署とも連携しています。

看護部部署紹介メニューへ
地域連携室
地域連携室

患者さんやご家族が退院した後、安心して生活できるように調整する部署です。 毎日、病院職員とカンファレンスを実施することはもちろん、患者さんに関係する ケアマネージャーや市役所職員・保健所の職員と連絡を取り、安心して日常生活 が送れるように関連部署と連携しています。

看護部部署紹介メニューへ