教育主事挨拶 舞鶴医療センター附属看護学校

教育主事挨拶

“看護師になる支援を地域とともに行う看護学校です” 
教育主事 上南雪野

看護職は、対象の健康状態に応じた、その人らしい生活を支援する価値ある職業です。当校の学生は、専門的な知識と技術を身に付けた看護職として地域社会で活躍できるように学習しています。

学校では、講義だけでなく、生活援助技術、採血や点滴などの診療をたすける技術を身につけるための演習や病院をはじめ医療福祉施設における実習で学んでいきます。この看護を学ぶ過程で教員は、学生が人を大切にし、他者を思いやることや他者と関係性を築き、責任ある主体的な行動がとれる豊かな人間性を育む支援をしていきます。

また、豊かな人間性は、地域行事のボランティア活動等、地域との繋がりの中での学習においても育むことができます。地域の協力が得られることに感謝し、地域との関係をとても大切にしています。歴史ある当校で、元気に看護を学びましょう。入学をお待ちしております。