初期研修

プログラムの目的と特徴

初期研修は医師としての出発点であるとともに社会人としての出発点であり、医師としての基本的診療能力を身につけるとともにチーム医療を通じて社会人としての人間性を育成する期間である。
そのための研修プログラムが当センターの基本方針であるが、その中ではプライマリケアの修得に加えて医療安全や患者の人権への配慮、地域医療連携の仕組みについて研修出来るようにしている。
また、個別的な研修の進め方については希望に応じて自由度の高いプログラムとしており、選択科の研修では年度途中での変更も可能としている。そして、研修の進捗状況については月に一回の研修医との意見交換会で問題点を早期に抽出し、速やかに解決をはかりながら研修を進めている。

研修プログラム内容

プログラムの名称 舞鶴医療センター研修プログラム
当直体制 研修開始時から週1回副直として参加

年間・週間スケジュール

  1年次 2年次
4月 内 科 地域医療
5月 選 択
6月
7月
8月
9月
10月 選 択(必修)
11月
12月
1月 救 急
2月
3月

選択必修科目 選択科目
外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科から、2つ以上の診療科を選択
将来、専門としたい診療科を中心に関連の診療科で研修


初期研修終了後の進路

・引き続き後期研修(専修医)コースに進むことができます。
・医員として認定医・専門医を目指すことができます。

マッチング参加の有無

研修病院タイプ

基幹型

試験実施概要

本年の募集は終了しました。

  • 試験実施日時     令和 元年 9月 12日 (木)
    午後 12時 45分 集合
  • 集 合 場 所           舞鶴医療センター外来診療棟2階 会議室
  • 試験実施内容              面接試験 (個人面接)

【提出書類について】

  • 受験を希望される方は下記①②を提出して下さい。

    ① 願書 (様式をダウンロードして下さい。→ 願書様式Excel )
    全項目を記入し、直近6月以内に撮影された証明写真を貼付のうえ、郵送で提出してください。

    ② 卒業見込証明書(または卒業証書)、成績証明書

  • 提出先     京都府舞鶴市字行永2410番地
    独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター
    管理課 給与係長 河津 宛
  • 提出期限            令和 元年 8月 27日 (火)

【募集要項・処遇等】

本年の募集は終了しました。

  1. 応募資格 (以下のいずれか)
    • 第114回(令和2年施行)医師国家試験受験資格者
    • 医師免許取得後卒後臨床研修を行っていない者
  2. 募集人員             2名(予定)
  3. 身分及び処遇について(2019年度)
身分 臨床研修医
(独立行政法人国立病院機構 非常勤職員就業規則の適用)
給与、
勤務時間等
時   給 : 3,890円
勤務時間数 : 32時間/週

<1カ月の給与支給額(例)>
3,890円 × 6.4時間(1日平均勤務時間) × 21日(1月平均勤務日数) = 522,816円
*この他、諸手当(通勤手当、超過勤務手当、宿日直手当等)の支給あり。
社会保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
休暇 有給休暇 : 在職期間に応じた日数を付与
1年目最大12日間/年(リフレッシュ休暇2日間含む)
無給休暇 : 産前・産後休暇、病気休暇、結婚休暇等
宿舎 あり (研修棟)