ワークライフバランス

医療関係の方へ

病棟案内

母子医療センター

病床数: 47床
主な診療科: 小児科(NICU6床)・小児外科・産褥入院
看護体制: 固定チームナーシング・継続受持ち制

母子医療センターは、政策医療における成育医療の一端を担い、京都府周産期医療サブセンターに指定され、京都府北部から福井県に及ぶ広い範囲において、新生児搬送を受け入れています。

  • 2002年からはNICU施設の認可を受け、現在、NICU6床が稼働しています。
  • 小児科は低出生体重時、病的新生児、感染症、白血病など含んだ血液疾患、心疾患、呼吸器疾患などを受け入れています。
  • 2006年5月からは、助産師外来を開設し以下の活動を行っています。又、同時期から産褥入院も受け入れています。

1.助産師外来

日時 月~金曜日 ⁄ 9:00~16:00 ⁄ 1時間単位の予約制
内容
  1. 乳房ケアー
  2. 育児相談
  3. その他指導

2.電話相談

日時 月~金曜日 ⁄ 8:30~21:45
内容
  1. 母乳相談
  2. 乳房相談
  3. 育児相談
  4. 妊娠・出産・産褥に関する相談

3.新生児搬送児の母子ケア

日時 新生児搬送当日または翌日
内容
  1. 新生児搬送時、小児科医に同行し、児処置・母親・家族へのフォローを行います。
  2. 搬送当日、母親・家族にゆっくりと関われなかった場合は翌日訪問致します。

4.産褥入院

日時 随時入院可(要相談)
内容
  1. 母乳の確立のため
  2. 育児習得の為他
  3. 産後の体調を整えるため

問い合わせ先

独立行政法人国立病院機構 舞鶴医療センター
母子医療センター
TEL: 0773-62-2680

11号第1病棟

病床数: 71床(開放病棟54床・身体合併病棟12床・保護室5床)
主な診療科: 精神科
看護体制: 固定チームナーシング・継続受持ち制
第2回政策医療「精神」研修場面

当病棟では患者様に個別性のある看護を目ざし、従来からある薬物療法・作業療法の他に、生活技能訓練(SST)や心理教育の取り組みを行っています。また、地域生活支援センターと連携して地域での生活が行えるように支援しています。

総合病院のなかの精神科病棟として、身体合併症に対しても専門医師と連携し、精神・身体ともに最良の医療・看護を提供させていただいております。また近畿管内の精神科基幹病院として、研究・研修をはじめ、情報発信施設として取り組みも強化しています。

11号第2病棟

病床数(閉鎖病棟): 84床(男子病棟42床、女子病棟42床)
主な診療科: 精神神経科(閉鎖病棟)
看護体制: 固定チームナーシング・継続受持ち制

急性期治療病棟として機能しています。

入院期間も3ヶ月を目標に治療・看護に努めています。入院期間中は患者様の不安、薬に対する説明、日常生活のリズムを整えることを基本に受け持ち看護師と共に一緒にゴールに向かって進んでいきます。

主な療法

生活技能訓練(SST)の一場面
  • 作業療法
  • レクレーション療法
  • 生活技能訓練
  • 精神療法
  • 服薬指導
  • 栄養指導
  • 退院前訪問看護、退院後訪問看護

中央滅菌材料室

治療・検査・処置などに使用する器材セット類約100種類の洗浄・滅菌並びに、約500品目のディスポーザブル製品の払い出しを行っています。

定数制を基本として定数カートを1週間毎に交換することで医療材料の適正且つ効率的な運用を図っています。その為に定数の見直しや、中材委員会等で、啓蒙する事で病院経営に参画しています。

また、輸液ポンプ・シリンジポンプの中央管理を行っています。中材は感染防止に重点を置き医療が安全・安楽に行われるための重要な責務を担っています。

手術室

手術室

「手術を安全に遂行する」ことを使命として医師・看護師・臨床工学技師が協力してチーム医療を行っています。 手術は、出生直後の新生児から高齢者まで幅広く行われており、各発達段階・年齢にあわせた看護の実践をしています。

安心して手術を受けて頂ける様、患者様の要望に応じて音楽を流していますので、胎教でお聞きになっていた音楽や車でいつもお聞きになっていた音楽など、お好みのCDを手術の時に持参して頂ければ、手術中にその音楽を聴いて頂くこともできます。

外来診療棟

舞鶴医療センター外来受診の患者様へ

外来診療棟

私たちは、患者様に安全に安心して受診していただけるよう、また、より良い医療サービスの提供を目指して日々努力しております。

外来受診に際し困ったこと、分からないこと、また病状などのお悩みがありましたらご遠慮なく外来総合案内でお尋ねください。

その他、外来と病棟の連携による継続看護や、待ち時間の短縮に向けて努力しております。

外来看護師 一同